名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793
遺言書とは
生前対策のひとつとして、非常に有効となるのがこの遺言書です。
財産の分け方を決めておきたい、事業承継を考えて遺産分割を
明確にしておきたい。そんな方にご活用いただけます。

HOME > 遺言書の保管

遺言の保管

ここでは用意した遺言の保管についてご説明します。

保管は、遺言を作成するにあたってとても大事なことです。
せっかく遺言を用意しても、その遺言書を相続人に見つけてもらえなければ、自らの意思を実現することが難しいからです。

 

そこで、遺言は自分の死後に確実に発見される場所で、なおかつ、隠されたり、書き換えられたりされない安全な場所に保管する必要があります。


行政書士・司法書士に頼む

まず、遺言作成にあたって相談していた行政書士や司法書士に、保管についても依頼するという方法があります。
この場合、遺言書があることを相続人になるであろう人に伝えることもできますし、遺言書の存在を秘密にするという選択肢も選べます。

また、同時に遺言の執行者として頼むこともでき、行政書士、司法書士の場合、第三者として、法律の専門家として、公正な遺産分配と手続きの代行を行ってもらえます。


第三者に頼む

自筆証書遺言の場合、親族などの第三者に預けておくこともできます。
しかし、預けるのが相続人になる可能性のある人に預ける場合には、注意が必要です。
遺産に対する利害関係があるため、隠されたり、中身を変えられたりといった可能性があるためです。

遺言を第三者に預ける場合、なるべく遺産に対して利害関係のない、公正な第三者に保管してもらう方が良いと考えられます。
また、遺言内で遺言の執行者を指定している場合には、その遺言執行者に預けておくのがよいでしょう。


公正証書遺言の場合

公正証書による遺言の場合、遺言書の原本が公証役場で保管されているので、あとは相続人に遺言書を保管している公証役場の場所を伝えておけば大丈夫です。

公証役場に保管された遺言書は、第三者が内容の開示や閲覧を求めても認めることはありません。
安心して、遺言書の存在を明らかにできます。

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ