名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > スタッフ紹介 > スタッフ紹介(相続) > スタッフ紹介(相続部門)_武井

スタッフ紹介

所員の紹介

資格者
01_a.takei_3.gif
01_a.takei_4.jpg
01_a.takei_5.gif

私は名古屋市生まれの高知市育ちです。
中学を卒業してから高校へは行かず鳶(とび)職として働き始めました。鳶職にもいくつか種類がありますが、私は足場鳶でした。足場鳶は建物の新築、塗装工事、解体等のために足場を設置するのが仕事です。足場に使用する材料にもいくつか種類がありますが、私が主に携わったのは丸太足場です。杉やヒノキの足場用丸太を番線と呼ばれる少し太めの針金?で縛って組み立てていくのです。丸太足場が職人らしさがあって一番好きでした。
尽きることのない足場の話はここまでにして司法書士の話を少しだけ。


なぜ司法書士になったのか?
「肉体労働は一生できないな」
「おれは何も持ってないな」
「何かを残したい」
「資格を取るか」
「弁護士とかいいね」
「でも司法試験は現実的ではないな」
「他に法律資格は?」
「司法書士試験には受験資格がないのか」
「よし、司法書士だ」

ということで司法書士になりました。

今では「相続人が…」「遺産分割は…」「遺言を…」などと、数年前には口に出したことののない言葉を使って業務をしています。最近ついに、牛丼店で他のお客さまが注文時に発した「牛丼」が「遺言」に聞こえました。

以上のように、私は「ただの人」出身です。司法書士事務所と聞くとお堅いイメージのあるお方、私は話し上手ではありませんが、相続についてできるだけ分かりやすく説明することを心がけています。気軽に相談していただきたいです。


出身地 高知県 血液型 O型 星座 牡羊座
趣味・特技 旅行(国内)海外旅行も行ってみたいが飛行機怖い
自分の性格 誠実なところもある
好きな言葉 なんとかなる。
人生のモットー 人生大抵のことは勉強!
仕事のモットー
昨日の失敗を今日はしない。
武井の同僚目線

 

スタッフ紹介に戻る


 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ