名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > 贈与するべきか、相続するべきか

贈与するべきか、相続するべきか

 
贈与を行った場合、一般的に相続税よりも税率の高い贈与税がかかるため、ある一定額を境に相続税よりも税負担が大きくなります。
ですから、節税対策として贈与を考える場合は、贈与と相続の分岐点を理解しておくことが必要です。

毎年どれくらいの贈与をすればよいか、その判断基準として税率比較表を参照の上、ご判断下さい。
(平成27年1月現在)


贈与税の税率

 

贈与税
基礎控除(110万円)後の
課税価格 
一般 20歳以上の者への
直系尊属からの贈与 
税率 控除額  税率 控除額
200万円以下 10% 0 10%  0
200万円超~300万円以下 15% 10万円 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 25万円
400万円超~600万円以下 30% 65万円 20% 30万円
600万円超~1,000万円以下 40% 125万円 30% 90万円
1,000万円超~1,500万円以下 45% 175万円 40% 190万円
1,500万円超~3,000万円以下 50% 250万円 45% 265万円
3,000万円超~4,500万円以下 55% 400万円 50% 415万円
4,500万円超~ 55% 640万円


相続税の税率

相続税
法定相続分人の取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10% 0
1,000万円超~3,000万円以下 15% 50
3,000万円超~5,000万円以下 20% 200
5,000万円超~1億円以下 30 700
1億円超~2億円以下 40 1,700
2億円超~3億円以下 45 2,700
3億円超~6億円以下 50 4,200
6億円超~ 55% 7,200