名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793
相続する財産は、プラスの財産ばかりではありません。
相続放棄とは、被相続人の残した借金や負債、連帯保証債務などの
マイナスの財産を相続したくない場合、法的な手続きを通じて、
一切の相続財産を放棄することを言います。

HOME > 相続放棄と利益相反

相続放棄と利益相反

相続放棄をするときに問題となるのが、「利益相反」です。
未成年者は相続の申し立てをすることができずに、通常は親権者である親が代わりに手続きをすることが法律で定められております。

この法律は現在ももちろん適用されていますが、次のケースでは、親権者が相続放棄の申し立てをできません。

夫(若しくは妻)が亡くなり、遺された妻(若しくは夫)が財産を全て受け取る。但し、未成年の子供は相続放棄をする。

理由は、子供に相続放棄させると、親は自分の利益が増えるからです。

従ってこの場合に限り、親に代わって未成年者の相続放棄を進める人を決めます。
この相続放棄を進める人を「特別代理人」といい、相続放棄をすすめることについて裁判所の許可をもらいます。

ちなみに特別代理人候補者は申立をする側が選び、未成年者のおじ、おば、祖父、祖母などが選ばれる事が多いようです。
未成年者と利害関係がなければ基本的には誰でも構わないとされています。

このような申し立ても当事務所で引き受けておりますので、心当たりのある方はお気軽にご相談ください。

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ