名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793
相続する財産は、プラスの財産ばかりではありません。
相続放棄とは、被相続人の残した借金や負債、連帯保証債務などの
マイナスの財産を相続したくない場合、法的な手続きを通じて、
一切の相続財産を放棄することを言います。

HOME > 相続放棄と預金の利用

相続放棄と預金の利用

前述した通り、相続放棄する場合の原則として被相続人の相続財産を勝手に処分してはいけないというルールがあります。

もし仮に相続放棄前に勝手に財産を処分が可能であるということになったら、財産の名義だけを自分の名義にしてから、借金をすべて放棄してしまえることになってしまい、お金を貸し出す金融機関にとってとても不利な条件になってしまいます。

相続放棄を選択した時には、故人の預金を勝手に処分する権利はないのです。処分してしまうと、相続放棄が認められなくなる場合があるので十分に注意してください。

しかし、すべての財産を一切処分してはいけないかというとそういうことはありません。
この例外を記しておきましたので、ご覧下さい。

処分してもいい財産とは
 ・「資産価値」がないもの
と定められておりますが、明確な基準がないため判断に困ってしまいます。

一つ私どもからの基準を提示するとすれば、「客観的な」価値があるものといえますので、あまり嗜好性に左右されない “質屋さんが買い取ってくれないもの”と考えればよいと思います。(オークションは嗜好性に左右されすぎてしまうので、客観的な判断基準には向かないと思います。)

 

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ