名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793
相続する財産は、プラスの財産ばかりではありません。
相続放棄とは、被相続人の残した借金や負債、連帯保証債務などの
マイナスの財産を相続したくない場合、法的な手続きを通じて、
一切の相続財産を放棄することを言います。

HOME > 相続放棄と相続する順番

相続放棄と相続する順番

借金を残して親や親族が亡くなった場合、相続放棄をするべき人は相続権のある方です。

ですから、相続権が誰にあるかが重要なポイントになってきます。
また、「相続放棄とは」ページで少し触れたように相続放棄は、ある相続人が相続放棄した場合には法律で定められた相続の順番どおりに、他の相続人に借金の支払い義務が生じてしまいます。もうひとつ重要なポイントは相続の順番です。

例えば、妻が亡くなれば、夫と子供に相続権が発生します。
まだ未婚で子供もいなければ、その親や、その兄弟という順番に相続権が発生します。
つまり、借金を背負う可能性が出てくるのです。 そしてこのような間柄の人たちが、相続放棄をする人になります。

さてここで、基本的な相続権の順番を確認しておきましょう。
通常、相続人は被相続人(亡くなった方)の配偶者とそれ以外の方の組み合わせとなります。

 
1.亡くなられた方の配偶者(夫または妻)は、いつでも相続権があります。
     ですから、どんな状況であれ自働的にプラスの財産やマイナスの財産を受け継ぎます。
2.配偶者以外は、子供→親→兄弟姉妹という順番で相続権が移動します。
     ※移動する条件は、「先順位の相続人が存在しない」若しくは「先順位の相続人が全て相続放棄した」場合です。

順番(配偶者は常に相続人)
   1.子供
   2.親
   3.兄弟姉妹

ここで、少し相続順位に関しての確認をしてみましょう!

被相続人に子供がいれば、その子に相続権があります。
・被相続人に子供がいなくて、被相続人の親が生きていれば、その親に相続権があります。
  このとき、被相続人の兄弟姉妹に相続権はありません。したがって相続放棄するのは、親のみとなります。
・被相続人に子供も親もいなくて、兄弟姉妹だけいるとしたら、その兄弟姉妹に相続権があります。
  このとき相続放棄するのは兄弟姉妹となります。

このように相続放棄の順番はそのまま相続権の順番によって決まっています。

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ