名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793
相続する財産は、プラスの財産ばかりではありません。
相続放棄とは、被相続人の残した借金や負債、連帯保証債務などの
マイナスの財産を相続したくない場合、法的な手続きを通じて、
一切の相続財産を放棄することを言います。

HOME > 相続放棄とは

相続放棄とは

「相続放棄」の言葉の意味は文字とおり、「相続権を放棄する」というものです。
つまり、親や親族から遺産を受け取らないという事です。相続放棄を正しく理解するためには、もうすこし「相続」を理解する必要があります。

そもそも相続とは、配分は別として「不動産」や「現金」などのプラスの財産の他に、借金などのマイナスの財産も自動的に引き継ぐことです。つまり、亡くなった方が生前に借金をしていた場合や連帯保証人になっていた場合などに、金融機関から被相続人(亡くなった方)の相続人に対して、借金の返済(債務弁済)を求められるのです。自分とはまったく関係ない借金でも支払い義務が相続によって発生してしまうのです。

そこで、「相続放棄」という手法が確立されたのです。

相続放棄をすれば、被相続人の負っていた債務は支払わずに済む可能性が高いです。
但し、裁判になってその相続放棄の効力が争われることがありますので、最終的な事実関係は民事裁判に委ねられます。

さて、この相続放棄は家庭裁判所に相続放棄を申し立てる必要があります。自筆で「相続放棄をします」と書いても誰も認めてくれません。

さて、相続放棄をするためにはいくつか注意点がありますのでまとめますと、
1.
相続放棄をするためには相続開始(被相続人の死亡)を知った日から3ヶ月以内に被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをする必要があります。
2.先順位の相続人全員が相続放棄をすると、相続は借金も含め法律で定められた相続の順位に従って、どんどん巡り巡って、責任(借金返済の義務)が転嫁されます。
3.相続する財産を選ぶことはできません。
「全て相続する」か「全て放棄する」ことしか選ぶことはできません。

自分の家族や親戚などが大きな借金などを作っているなどの話を聞いた場合には注意が必要ですし、調査が必要です。疎遠な親戚のために借金を背負ってしまい、自分の大事な人生がめちゃくちゃにされてしまっては、かないませんから。

このような場合には、専門家である司法書士にご相談されることをお勧めします。

 

相続放棄をする前に

相続放棄をする方は大きく分けて3通りあります。
1) 被相続人の借金が多いので相続放棄したい。
2) 被相続人がどれだけの財産をもっているのか判らないから相続放棄したい
3) 被相続人とは縁遠くなっていたので、相続放棄して関係もスッキリしたい

2)の場合には次の項目でご説明する限定承認もご検討された方が良いかと思います。
3)の場合は早めの手続きを。

1)の場合には相続放棄しかないとお考えの方が多いのですが、お借り入れの時期や利率によっては債務整理という手続きを行うことによって借金が減額されたり払い過ぎた過払い金が戻ってきたりすることがございます。
http://www.saimuseiri.bz/worry/

詳しくは一度お問い合わせ下さい。

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ