名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > Q&A(不動産登記編) > Q&A(不動産登記編)の答え > Q&A_no.4(認知症と土地)

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.4 : 認知症と土地

認知症と土地

 

 

認知症の親の為に親名義の土地を売却して、その売却代金で施設に入所してもらおうと考えておりますが、どういった手続きが必要ですか?


 

専門家からのアドバイス

手続きの流れは以下のようになります。


   

 
qa_no01.gif 後見申立。
 
   

家庭裁判所に対して後見申立を行い、どなたかが親御さんの後見人になります。

 
      
  qa_no_02.gif 家庭裁判所の許可をもらう。  
    自宅を売却する場合には、家庭裁判所の許可をもらいます。
 
 
 
 
qa_no_03.gif

買い手の募集  
    不動産業者に依頼して買主を探してもらいます。
※手続きは不動産業者が行います。
 
     
  qa_no_04.gif 売買契約の締結  
    無事、買い手がみつかれば、後見人が契約を結びます。  
     
  qa_no_05.gif
所有権移転登記

    名義人→買い手への名義変更(所有権移転登記)と同時に、売買代金の受け取りとなります。
※所有権移転登記の手続きは司法書士が行います。
 
     
  qa_no_06.gif 譲渡所得税の申告  
    利益が出た場合には、譲渡所得税の申告が必要になります。  

  mark_yajirushi.gif  

     
 

後見手続きは資料も多く、煩雑な手続きとなりますのでファミリアにお任せください!

さらに、不動産のプロも在籍いたしておりますので、
相続時の土地建物の売却をお考えの方も安心してお任せください。

 

無料相談を承っております。
どんな些細なことでも結構ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ