名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > Q&A(不動産登記編) > Q&A(不動産登記編)の答え

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.7 : 贈与

贈与

 

私は昨年結婚し、この度父の名義の土地に建物を新築することになりました。私には母と姉がいますが、父が亡くなった時に土地の名義変更で揉めたくないので、父からこの土地を生前贈与してもらいたいのですが、どうしたらよいでしょうか?


 

専門家からのアドバイス

生前贈与の前に、、、


   
  生前贈与をしてもらうと、不動産取得税と贈与税が課税されます。  
   

今回の土地の名義を変えずにお父様が亡くなられますと、名義変更する際には相続人全員(今回はお母様とお姉さま)の同意が必要となります。そのまま同意をもらえれば問題はありませんが、お姉さまが法定相続分を支払って欲しいと主張してきた場合には、多額なハンコ代が必要になる場合もあります。
このような揉め事を防ぐ為に生前贈与を選ばれる方もいらっしゃいますが、生前贈与してもらうと
不動産取得税高額な贈与税が課税されます。
相続時精算課税制度といった特例もありますが、お勧めするのは遺言書です。

 
      
  遺言書がお勧めです。  
 
お父様に、「今回の土地をあなた(息子)に相続させる」旨の遺言書を遺してもらいます。遺言書で相続させる場合には、贈与よりも登録免許税が安く(5分の1)、その他の預貯金も記載しておけば、遺産分割で揉める可能性が下がります。
「遺言書を書くほど財産が無い」と仰られる方も多いですが、不動産や預貯金がある時点で財産(遺産)ですので、一度ご検討されてはいかがでしょうか?
 
     
       

  mark_yajirushi.gif  

     
  ファミリアには税理士・司法書士・行政書士がおりますので、贈与税のことも、遺言作成のこともトータルサポートいたします。お悩みの方はファミリアへ!

無料相談を承っておりますので、
どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問い合わせください。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.4 : 認知症と土地

認知症と土地

 

 

認知症の親の為に親名義の土地を売却して、その売却代金で施設に入所してもらおうと考えておりますが、どういった手続きが必要ですか?


 

専門家からのアドバイス

手続きの流れは以下のようになります。


   

 
qa_no01.gif 後見申立。
 
   

家庭裁判所に対して後見申立を行い、どなたかが親御さんの後見人になります。

 
      
  qa_no_02.gif 家庭裁判所の許可をもらう。  
    自宅を売却する場合には、家庭裁判所の許可をもらいます。
 
 
 
 
qa_no_03.gif

買い手の募集  
    不動産業者に依頼して買主を探してもらいます。
※手続きは不動産業者が行います。
 
     
  qa_no_04.gif 売買契約の締結  
    無事、買い手がみつかれば、後見人が契約を結びます。  
     
  qa_no_05.gif
所有権移転登記

    名義人→買い手への名義変更(所有権移転登記)と同時に、売買代金の受け取りとなります。
※所有権移転登記の手続きは司法書士が行います。
 
     
  qa_no_06.gif 譲渡所得税の申告  
    利益が出た場合には、譲渡所得税の申告が必要になります。  

  mark_yajirushi.gif  

     
 

後見手続きは資料も多く、煩雑な手続きとなりますのでファミリアにお任せください!

さらに、不動産のプロも在籍いたしておりますので、
相続時の土地建物の売却をお考えの方も安心してお任せください。

 

無料相談を承っております。
どんな些細なことでも結構ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.1 : 相続登記

相続登記

 

 

昨年母が亡くなり、相続人は父と私と妹です。
売却しようと思っておりますが、
相続登記は必要ですか?


 

専門家からのアドバイス

結論から言うと、相続登記手続きは必要です。



不動産の売却をする際、名義人の方が亡くなったままでは手続きできませんので、相続登記が必要になります。相続手続きの手順は以下の通りです。

 
     

 
qa_no01.gif 戸籍収集。
 
   

亡くなった方(この場合はお母様)の出生~死亡までの戸籍謄本、住民票の除票
相続人全員(この場合は父、自分、妹)の戸籍抄本 収集

 
      
  qa_no_02.gif 固定資産税評価証明書を請求。  
    市町村役場に固定資産税評価証明書 請求。
 
 
 
 
qa_no_03.gif

遺産分割協議書を作成。  
    相続人全員での話し合い(遺産分割協議)を行い、相続人全員の署名・押印(実印)・印鑑証明書添付した、遺産分割協議書の作成  
     
  qa_no_04.gif 登記申請  
    その他、必要書類を添付して、管轄する法務局に登記申請  
     
  以上となりますが、戸籍や相続人の方の状況によって、別途書類や手続きが必要になる場合がございます。  

  mark_yajirushi.gif  

     
 

相続登記の書類には手間と時間がかかります...。
ファミリアでは、相続専門の司法書士とスタッフ全力でサポートさせていただきます。
面倒な戸籍収集・遺産分割協議書作成も含めてファミリアにお任せください!


さらに、不動産のプロも在籍いたしておりますので、
相続時の土地建物の売却をお考えの方も安心してお任せください。

 

無料相談を承っております。
どんな些細なことでも結構ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.8 : 未登記建物

01_touki_qa_mitouki.gif

 

 

自宅の建物を相続する予定だったけど、
未登記と言われました
どうすればよいですか?


 

専門家からのアドバイス

建物が登記されていない場合は、2つの手続きが必要です。



 

 
qa_no01.gif 建物表題登記を行う
 
    建物表題登記は土地家屋調査士が建築時の資料などを基にして建物の図面を作成して法務局に申請します。この申請をすれば、建物の持ち主を明記した登記簿と図面を法務局が管理することになります  
      
  qa_no_02.gif 相続人に名義変更する。  
    この時点ではまだ亡くなった人名義になっていますので、司法書士が相続登記をすることによって相続人に名義変更できます。
 
 
 
 


 

  mark_yajirushi.gif  

     
 

金融機関の融資を受けて、新しく家を建てようとしたけれど、
同じ敷地内に亡くなった祖父の建てた未登記建物があって融資が受けられなかったということもありました。

こういったことにならない為にも、司法書士・土地家屋調査士・税理士のワンストップサービスを提供しているファミリアにお任せください!

無料相談を承っております。
些細なことでも結構ですので
、お気軽にお問い合わせください。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.5 : 相続税対策

01_touki_qa_zei.gif

 

不動産がたくさんあって
相続税が納められない!


専門家からのアドバイス

不動産が多くて相続税が納められない場合の対策は、大きく分けて2つです。


 

 
qa_no01.gif 土地を売却する。  
    土地を売却する際には土地家屋調査士が、隣接地所有者と立ち会った上で、境界杭を設置(境界確定測量)した後、司法書士が所有権移転登記を行います。
※買い手がいない場合には不動産業者に仲介の依頼が必要になります。
 
      
  qa_no_02.gif 物納する。  
    ※現在は、要件が厳しくなり難しいようです。
物納(相続税申告)の手続きにも境界確定測量が必要となります。

 
 
 
 


 

  mark_yajirushi.gif  

     
 

ファミリアにはこういった手続きに必要な税理士・司法書士・土地家屋調査士が在籍しておりますので、
ワンストップで総合的にサポートさせていただきます!
相続税の申告期限は死亡日から10ヶ月以内ですから、全てを任せられるファミリアなら安心です。


さらに、不動産のプロも在籍いたしておりますので、
相続時の土地建物の売却をお考えの方も安心してお任せください。

 

無料相談を承っております。
どんな些細なことでも結構ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.3 : 遺産分割

01_touki_qa_bunkatsu.gif

 

 

ひとつの土地を

兄弟で分割して相続したいのですが、

どうすれば良いですか?

専門家からのアドバイス

相続人ふたりで、土地を遺産分割する場合には、代表的な2つの方法があります。


 

 
qa_no01.gif 所有権を2分の1ずつ持って共有する。
 
    遺産分割協議書に従い、登記申請(相続登記)を行います。
※手続きは司法書士が行います。
 
      
  qa_no_02.gif 土地を分筆して土地を単独で所有する。  
    ひとつになっている土地(一筆 いっぴつ)に新たに境界線を設けて、いくつかの土地(この場合は二筆)に分割し、兄弟それぞれを所有します。
真ん中から「西側は兄」、「東側は弟」という分け方をしたい場合には、この手続きが必要です。
 
     
 


 
    土地を分筆する際には、土地家屋調査士が隣接地所有者と立会いし、全ての境界を明確にした上で新たに杭を入れて土地を分けます。
 
       
   

その後は、①と同じように司法書士が登記申請(相続登記)を行います。

 
 
  mark_yajirushi.gif  

 

     
 

ファミリアには経験豊富な司法書士・土地家屋調査士が在籍いたしております。
総合的に判断してお客様の希望に沿った、ベストなご提案をさせていただきます。

無料相談を承っております。
どんな些細なことでも結構ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.6 : 相続問題

01_touki_qa_souzoku.gif

 

 

自宅が数十年前に亡くなった父名義ですが、
他の相続人に何か権利を主張されませんか?


 

専門家からのアドバイス




亡くなった方名義の不動産は、相続人全員が一緒に持っていることになっています。

(→これを「共有」といいます。)
 
      
  相続人全員での話し合い(遺産分割協議)をしていないと、この共有状態が永久に続きます  
   
 
 
 
 

親の財産を子供同士で話し合うことは比較的簡単ですが、
孫やひ孫の代になってくると話がまとまらず、大きなトラブルになることがあります。

話がまとまっても、戸籍を集めるのがオックウで損をする気分になるかもしれません。

 
       

  mark_yajirushi.gif  

     
 

面倒な戸籍収集や遺産分割協議書の作成は、ファミリアが代行します。

無料相談を承っております。
どんな些細なことでも結構ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.9: 不動産評価

 

 

相続する土地の評価方法
どうすれば良いですか?


専門家からのアドバイス

土地の評価方法には、いくつか種類があります。

     

・固定資産税評価額
・路線価
・公示価格
・実勢価格額 など。

 
      
 
相続税申告
の場合には、路線価
登記(名義変更)する場合には、固定資産税評価額
このように、場面によってどの評価方法を使うかが違いますので、

通常は税理士をはじめとする専門家が計算するのが一般的です。

 
 
 
 

   

  mark_yajirushi.gif  

     
 

税理士・司法書士・土地家屋調査士が在籍しておりますので、こういった計算もワンストップでできます!

無料相談を承っております!
どんな些細なことでも結構ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

こんなときどうする!? (不動産登記編)

no.2:不動産の処分

01_touki_qa_syobun.gif

 

亡くなった父の名義の
土地建物を売却したいのですが、
どうすれば良いですか?


 

専門家からのアドバイス

亡くなった方名義の不動産を他人に売却する場合には、



 

 
qa_no01.gif 相続登記
 
    亡くなった方→相続人への名義変更
※手続きは司法書士が行います。
 
      
  qa_no_02.gif 買い手の募集  
    ※手続きは不動産業者が行います。
 
 
 
 
qa_no_03.gif
売買契約の締結
 
    無事、買い手がみつかれば、契約を結びます。
※手続きは不動産業者が行います。
 
      
  qa_no_04.gif 所有権移転登記  
    相続人→買い手への名義変更と同時に、売買代金の受け取りとなります。
※所有権移転登記の手続きは司法書士が行います。
 
      

  mark_yajirushi.gif  

     
 

ファミリアには経験豊富な司法書士が在籍いたしております。
土地建物の名義変更などのお手続きは、ファミリアにお任せください!

さらに、不動産のプロも在籍いたしておりますので、
相続時の土地建物の売却に関する疑問や不安も一緒にご相談ください。

 

無料相談を承っております。
どんな些細なことでも結構ですので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ