名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > 不動産登記とは

不動産登記とは?


不動産登記とは、家や土地を買ったときに「その所有権が誰にあるか(権利部)」「大きさや場所など(表題部)」などを届け出て、登記簿に記載してもらうことをいいます。
相続が発生した場合、殆どのケースで発生する手続きであり、一方で土地関係はトラブルになりやすい一面を持ちます。
相続手続きの一環で不動産登記をする際は、他の相続人のことや亡くなられた方がきちんと手続きをしていたかを確認することが必要ですので、専門家に依頼することをお薦めします。

登記は、大切な財産である土地や建物について、その物理的状況(所在・面積等)と権利関係(所有者の住所氏名・担保権の有無・内容等)を法務局(登記所)という国家機関が管理する帳簿(登記簿)に記載し一般に公開することにより、不動産取引の安全と円滑を図る制度です。

不動産とは、不動産登記においては土地と建物ということになります。
・土地の場合=所在・地番・地目・地積
・建物の場合=所在・家屋番号・種類・構造・床面積

不動産を登記すると、その登記簿は一般に公開され、法務局で誰でも閲覧することができます。

所有権移転登記について

登記が必要となる場合の多くは不動産の売買や贈与ですが、その場合に必要な登記は「所有権移転登記」です。
所有権移転登記とは家や土地の所有権を有する人の名義が変更される時に行う登記です。不動産の売買契約を行った場合は、所有権移転登記が必要となります。
不動産の売買における所有権移転登記に必要なものは下記の通りです。


 
・売主の不動産の権利証もしくは登記識別情報
・売主の印鑑証明(3ヶ月以内のもの)
・買主の住民票
・委任状
・売買する不動産の評価証明書
 
     

不動産を譲り受けた場合、贈与する方から受け取る方への名義変更のために所有権移転登記が必要です。
不動産の贈与における所有権移転登記に必要なものは下記の通りです。

 
・贈与する方の不動産の権利証もしくは登記識別情報
・贈与する方の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
・受け取る方の住民票
・委任状
・贈与する不動産の評価証明書

 
     

 


 

不動産登記とは 不動産登記の流れ
不動産登記のポイント

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ