名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > 相続不動産の共有登記について

相続不動産の共有登記について

 不動産の相続では、分筆の方法でもめたり代償するための資金がなかったりなどという場合に、
 一旦共有という形で相続することがよくあります。

 

共有分割

 遺産の一部または全てを相続人全員が共同で所有することです。
 それぞれの相続人はその不動産について持分を持ちます。

 被相続人名義の不動産があった場合、名義を相続人全員の共有名義に変更することにより
 手続きは完了します。


 共有にした場合は将来その不動産の処分についてもめるケースがあります。
 不動産の売却など処分行為を行う場合には、共有者全員の同意が必要になり、
 話し合いが難航しがちです。
 特に共有者が外国にいる場合などは合意が得にくくなり、協議が進まない場合があります。

 このように不動産は分割しにくく、共有登記してしまうと処分するにしてもすぐに売却することができないため、
 共同相続人の間でも揉め事の種になる可能性があります。

 不動産の相続については、スムーズに分割できるように、事前準備をしておくほうが良いでしょう。

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ