名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > Q&A > Q&Aの答え > Q2:相続人から外したい

Q2.相続人から外したい

 

私に暴力を振るい、私の財布からお金を抜いている次男を勘当したいのですが、法律上相続人でないようにすることはできますか? q02_ill_01.gif


推定相続人に著しい非行がある場合には、相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができます。
  民法第892条・893条に、推定相続人の廃除に関する規定があります。推定相続人から虐待を受けたり、重大な侮辱を加えられた場合には最終手段としてこの手続きがあるということを覚えておいてください。遺言書によっても廃除を行うことができますが、効力を争われる可能性が高いので公正証書遺言をお勧めします。 q02_ill_02.gif

bn_qa.gif