名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > Q&A > Q&Aの答え

Q4.親戚の相続が心配です

最近、下記のような相続人様からのご相談が増えています。


・このままではもめそう・・・
・親戚同士でトラブルになる前に、何か対策したい
・長男から不公平な遺産分割を強いられている

などなど。

bn_muryosodankatsuyo_titill.png

  mark_yajirushi.gif  

 

是非、本ページを印刷などして相続人様へお渡しください。



解決への道(1)

   
     

 
ファミリアの無料相談をご利用ください!  
  ファミリアでは、相続手続きに関する相談を無料で受け付けております。
年間600件超のご相談を受けているベテランの専門家が親身に、わかりやすく対応します。

 

bn_muryosodankatsuyo_mendan.jpg

 

 
     

bn_muryosodankatsuyo_tit.png

bn_muryosodankatsuyo_01.png
  bn_muryosodankatsuyo_02.png
  bn_muryosodankatsuyo_03.png
bn_muryosodankatsuyo_01ill.pngまずは電話相談からはじめましょう
悩みを解決する第一歩は、その解決方法を知ることから始まります。相談員が話の流れをつくりますので、気軽にお電話ください。


bn_muryosodankatsuyo_02ill.png面談で解決方法を提案してもらいましょう。単に質問に対する回答をもらうよりも総合的な解決方法を受けたほうが、自分の希望にあっているかどうかも確認でき有益です。回答に疑問があれば納得いくまで質問してください。
bn_muryosodankatsuyo_03ill.png信頼できるかどうか見極めましょう。知識や経験がどの程度あるかはもちろんですが、大切なのは法律家の姿勢です。無料相談は親身になって相談者と向き合っているかどうか、信頼できるかどうか見極める絶好のチャンスなのです。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について

 



解決への道(2)

   
     

 
相続人様に是非お渡しください!
相続ガイドブックをプレゼント中!
 
 

相続のキホンが簡単にわかる小冊子を無料でプレゼントしています。
是非、相続人様にお渡しください。

もくじ】

  • 相続の流れを把握しよう!
  • 誰が相続人なのか調べよう!
  • 相続関係図を作ろう!
  • 相続財産の全体を確認しよう!
  • 名義変更手続きをしよう!
  • 財産の名義変更には注意して!
  • 相続に出てくる法律用語
  • 遺言書の書き方を覚えておこう!
  • 遺言書で出来ることを確認しよう!
  • 相続税の申告にはルールがある!

など、全22ページ!

souzokugaido.jpg

 

 
     

相続ガイドご希望の方は、お電話かメールでご連絡ください!無料でお送りいたします!

お問い合わせの際は「相続ガイドブックプレゼント希望」とお伝えください。
尚、愛知・岐阜・三重にお住まいの方限定とさせていただきます。

相続ガイドブックプレゼントはこちらから

 


一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ

 

Q3.認知症になったらどうすれば良い?

 

一人暮らしをしている80歳の母が最近認知症になり、高額な家具や洋服を買わされて困っております。後見制度というものを聞いたのですが、利用した方が良いのでしょうか? q03_ill_01.gif


後見人をつければ、後見人の知らない所でされた契約を取り消すことができます。(一部例外もあります)
  成年後見制度を利用するには、家庭裁判所に対して後見申立てが必要となります。





q03_ill_02.gif

bn_qa.gif

 

 

Q2.相続人から外したい

 

私に暴力を振るい、私の財布からお金を抜いている次男を勘当したいのですが、法律上相続人でないようにすることはできますか? q02_ill_01.gif


推定相続人に著しい非行がある場合には、相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができます。
  民法第892条・893条に、推定相続人の廃除に関する規定があります。推定相続人から虐待を受けたり、重大な侮辱を加えられた場合には最終手段としてこの手続きがあるということを覚えておいてください。遺言書によっても廃除を行うことができますが、効力を争われる可能性が高いので公正証書遺言をお勧めします。 q02_ill_02.gif

bn_qa.gif

 

Q1.遺言書の書き方

 

 自分で遺言書を書きたいのですが、どうすればどうすれば良いですか?
q01_ill_01.gif

q01_no_01.gif 紙とボールペン(若しくは万年筆)、封筒、印鑑(できれば実印・印鑑証明書)を用意します。
  q01_ill_02.gif

q01_no_02.gif

「遺言書
私○○○○ は全ての財産を △△ に遺贈する

遺言執行者に△△を指定する
平成××年××月××日  ○○○○ 」
と書いて名前の下に押印する

q01_ill_03.gif

q01_no_03.gif 封筒に遺言書と印鑑証明書を入れて、封筒を閉じたら綴じ目に押印します。
(表には『○○○○の遺言書』と記載します)
基本的にはこれでOKです。
q01_ill_04.gif

bn_qa.gif