名古屋,愛知の相続相談なら司法書士法人ファミリア

名古屋駅3分遺産相続をファミリアグループが、総合サポート!
  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
平日19時まで無料相談!土曜相談もOK 0120-138-793

HOME > コラム > コラム01 > その相続放棄、もう一度よく考えよう!(no.020)

その相続放棄、もう一度よく考えよう!

コラム020

相続放棄は、「相続人が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に行う必要がある」という点については、一般的によく知られているところだと思います。
しかし、この相続放棄、よくよく考えて行わないと後々トラブルになる可能性がありますので、ご注意ください。

相続放棄については、以下の点をよく理解しておく必要があります。

  1. 相続放棄の撤回はできない
  2. 自分が相続放棄すれば、それで終わるわけではなく、別の誰かがその財産を相続する


①については、例えば、相続財産は借金(マイナス財産)だけだと思っていたのに、
後日、莫大な額の預金通帳(プラス財産)が発見されたような場合、
いくら「そんな財産があるとはちっとも知らなかった!放棄はしたくない!」と訴えても、
放棄の撤回は認められません。よって、放棄をする前に相続財産をよく調査する必要があります。
なお、放棄の期限が3ヶ月と短い期間であるため、
「そんな短期間ではプラスの財産が多いのかマイナスの財産が多いのか判断できないよ…」
と不安な方は、相続の「限定承認」という方法をとることもできます。
これは、簡単に言えば、プラス財産からマイナス財産を引いておつりがでれば相続できるし、
マイナス財産の方が多ければプラス財産以上の責任は負わなくていいよというものです。


②については、借金が多い!ということで第一順位の相続人が相続放棄をすれば、
第二順位の相続人に相続権が移ります。
放棄により借金が消えてなくなるわけではありませんので、
第一順位がいなければ、第二順位、第三順位と相続は続いていくわけです。
よって、放棄に先立って、後順位の相続人に連絡を取るなどして
事情を説明しているなら別ですが、そうでなければ、
ある日突然後順位の相続人に借金返済の連絡が入り、相手はびっくり仰天。
「これはどういうことだ!なんで自分が相続人になるのだ!」
と今後の親族関係が悪くなってしまうこともありえます。

相続放棄を考えていらっしゃる方は、簡単に判断せず、一度専門家にご相談下さい。

 

相続放棄について
semi_bt_syousai.gif

 

 

 

司法書士 小林


 

 



どうしたらいいんだだろう?と思ったら

   
     

 
ファミリアの無料相談をご利用ください!  
 

ファミリアでは、相続手続きに関する相談を無料で受け付けております。
年間600件超のご相談を受けているベテランの専門家が親身に、わかりやすく対応します。

 

どんな些細な事でも結構です。「これってどうしたらいいんだろう?」と疑問に思った時はお電話してください。

 

bn_muryosodankatsuyo_mendan.jpg


 

 
     

bn_muryosodankatsuyo_tit.png

bn_muryosodankatsuyo_01.png
  bn_muryosodankatsuyo_02.png
  bn_muryosodankatsuyo_03.png
bn_muryosodankatsuyo_01ill.pngまずは電話相談からはじめましょう
悩みを解決する第一歩は、その解決方法を知ることから始まります。相談員が話の流れをつくりますので、気軽にお電話ください。


bn_muryosodankatsuyo_02ill.png面談で解決方法を提案してもらいましょう。単に質問に対する回答をもらうよりも総合的な解決方法を受けたほうが、自分の希望にあっているかどうかも確認でき有益です。回答に疑問があれば納得いくまで質問してください。
bn_muryosodankatsuyo_03ill.png信頼できるかどうか見極めましょう。知識や経験がどの程度あるかはもちろんですが、大切なのは法律家の姿勢です。無料相談は親身になって相談者と向き合っているかどうか、信頼できるかどうか見極める絶好のチャンスなのです。


一覧へ

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせください。

無料相談のご案内メールへ

無料相談について お客様の声料金一覧スタッフ紹介Q&A

事務所案内アクセス無料相談の流れトップページへ